シャトー オー バライユ

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 シャトー オー バライユ

Château Haut Barrail

http://www.chateauhautbarrail.com/

シャトー オー バライユ ボルドー フランス

シャトーオーバラレールは、ベガダン市のメドックの中心部にあり、1362年から存在しています。かつて製粉とワイン造りを行っており、製粉は姿を消し、工場だけが残っています。現在の建設は、17世紀初頭の最も古い部分にまでさかのぼります。現在、この家は18世紀の建築上の特徴を表しています。後者のペディメントには、石に2つのシンボル「ブドウと小麦」が刻まれています。 1987年からオーナーであるジレット家は、1995年にシャトーオーバラールの最初のヴィンテージを産むために、多くの修復作業を行ってきました。

オーナー シリル・ジレット
所在地 ベガダン(ボルドー地方メドック地区)
葡萄園面積 12ha
葡萄品種 メルロ70%、カベルネ・ソーヴィニオン30%

データ引用:シャトー公式HP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。