シャトー ローザン ガシー

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 シャトー ローザン ガシー

Château Rauzan Gassies

http://www.domaines-quie.com/

シャトー ローザン ガシー ボルドー フランス

ロルム ド ローザン ガシーは、メドック格付け2級、シャトー ローザン ガシーが手掛けるオー メドック。ボルドーの敏腕醸造家、エリック ボワスノ氏がコンサルタントを務めています。

歴 史 16世紀にガイヤール ド タルデスの財産として始まり、17世紀にベルナール ド バベロールに属し、18世紀にピエール ド メシュール ドラウザンが所有する広大なローザン エステートの一部になりました。この葡萄園は、やがて分割され、1855年格付けの時点までに、シャトー・ローザン・ガシー、シャトー・ローザン・セグラ、シャトー・デミレイル、シャトー・マルキ・ド・テルメの葡萄園に分けられました。この葡萄園は1945年にキエ家によって購入され、現在も所有しています
オーナー キエ家
所在地 マルゴー(ボルドー地方メドック地区)
メドック格付け 第2級
葡萄園面積 28.5ha
葡萄品種 カベルネ・ソーヴィニヨン 65%、メルロー 25%、プチ・ヴェルドー 5%、カベルネ・フラン 5%
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。