シャトー ランスシャンス

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 シャトー ランスシャンス

Château L’Insouciance

http://www.chateaulinsouciance.com/

シャトー ランスシャンス ボルドー フランス

2年間の綿密なリサーチを行った後、2008年に5人の共同出資者によって購入されたシャトーです。ガロンヌ川の左岸にあるサンテステフは、メドックのアペラシオンの最北端です。サンテステフのテロワールは、有名なメドックワインの遺伝子を持ち、エレガントでエレガントで伝説的な長寿のワインを生産しています。ボルドーの著名シャトーを数多く手がける醸造コンサルタントのエリック ボワスノ氏が醸造を担当しています。所有面積はわずか1.88haのマイクロシャトー。

オーナー パトリック、ジャン=マルク、ザビエル、ジル、オリビエ
所在地 サン テステフ(ボルドー地方メドック地区)
葡萄園面積 1.88ha
葡萄品種 メルロ50%、カベルネ・ソーヴィニヨン30%、カベルネ・フラン20%(平均樹齢40年)

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。