シャトー モーヴザン バルトン

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 シャトー モーヴザン バルトン

Château Mauvesin Barton


http://www.mauvesin-barton.com/

シャトー モーヴザン バルトン ボルドー フランス

シャトー・モーヴェサンは、1457年にムーリスメドックの町で15世紀に始まります。ジャン ド フォワ グライリーが、最初のシャトー モーヴェサンの所有者として宣言されます。1853年に現在の城を建てたのは、モーヴサンの最後の公爵であるロイスルブランです。2011年にそれまで4世代にわたりこのシャトーを所有していたバリトールト家から、サンジュリアンのランゴア バルトンとレオヴィル バルトンのオーナーである、バルトン サルトゥリアス家が購入、現在、様々な改革を進めています。

オーナー バルトン サルトゥリアス家
所在地 ムーリ(ボルドー地方)
葡萄園面積 48ha
葡萄品種 カベルネソーヴィニヨン 45%、メルロー 40%、カベルネフラン 10%、プチヴェルドー 5%(平均樹齢35年)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。