シャトー ポントワーズ カバリュス

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 シャトー ポントワーズ カバリュス

Château pontoise-cabarrus

シャトー ポントワーズ カバリュス ボルドー フランス

ジロンド河口に沿って、オーメドックのサン スーラン ド カドルヌの左岸にあるシャトーポントワーズカバルスは、18世紀に遡り、サン スーランのワインは、ポイヤック、マルゴー、またはサンジュリアンのワインと同様に、最初の成長のか格付けに分類されました。ワインの歴史を誇っています。彼は1959年まで所有者でした。メドックの格付けシャトーの6割を担当すると言われる醸造家エリック ボワスノ(ジャック ボスノワの息子)がコンサルタントをつとめています。

シャトー オート ド プレザンスは、シャトー ポントワーズ カバリュスが2003年から造るワインです。

オーナー テレイジョル家
所在地 サン スーラン ド カドルヌ(ボルドー地方)
格付け ブルジョワ級
葡萄園面積 28ha
葡萄品種 カベルネ・ソーヴィニオン55%、メルロ35%、カベルネ・フラン5%、プチヴェルド5%
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。