シャトー クーアン

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 シャトー クーアン

Château Couhins

http://chateau-couhins.fr/

シャトー クーアン ボルドー フランス

 

シャトー クーアンは、かつてハナピエとガスクトン家族が所有する大規模で有名な葡萄園でした。1959年に白ワインがクリュ クラッセに昇格した際に担当したのはエデュワルド ガスクトンでした。1968年以来、厳密に科学的根拠に基づいて葡萄園を運営しているフランス国立農業研究所(INRA)によって所有されています。今日、ワインの研究と生産の両方を行っています。「クーアン」とは、「境界」または「制限」を意味する言葉で、ボルドー市内の南玄関に位置しています。

オーナー フランス国立農業研究所(INRA)
所在地 ペサック レオニャン(ボルドー地方)
葡萄園面積 27ha(赤:21.00、白:6.00)
葡萄品種 赤:メルロ50%、カベルネソーヴィニヨン40%、カベルネフラン9%、プチヴェルドー1%。白:ソーヴィニヨン・ブラン85%、セミヨン15%
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。