ボルドー生産者

ボルドー Bordeaux

原図:ボルドーワイン委員会

フランス南西部に位置する赤ワインの名産地。味わいと香りが豊かで赤白ともに世界的に有名。ガロンヌ河、ドルドーニュ河が合流して大西洋に注ぐジロンド河の流域で集中的にブドウが栽培されている。単一品種で造られるブルゴーニュと異なり、赤はカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー等の複数のブドウをブレンドして造られる。白はソーテルヌ地区等で高級甘口ワインも産します。

貴族等の大地主が葡萄畑を所有し、シャトーと呼ばれる私邸兼醸造場でワインを造り、10世紀には、アキテーヌの公女が英国王ヘンリー2世の元へと嫁いだことから、ボルドーが英国領となったことで、以後300年、主にイギリスへ輸出していたことから、ロスチャイルド家などイギリスとの結びつきが深い。シャトーで造られるワインは、シャトー名で出す。ネゴシャン(ワイン商)もののワインは、ブランド名と地名(AOC)で出すことが多い。いずれにしろAOCは必ず表記。大きく分けて、メドック地区、オー・メドック地区、グラーヴ地区、ソーテルヌ地区、右岸地区(ポムロール、サンテミリオンなど)、アントル・ドゥー・メール地区に分かれ、それぞれ土壌やワインが異なります。

ボルドーワイン商品はこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。