《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 ドメーヌ デュ コロンビエ

Domaine du Colombier

ドメーヌ デュ コロンビエ ブルゴーニュ フランス

毎年のようにアシェットに掲載/味わいの深さはさすが生産者元詰めのシャブリです

兄弟が三人いて、それぞれにビジネスを行っています。ティエリが醸造、販売、ヴァンサンが畑の管理、ジャン ルイが食用の牛の放牧をしていて、ワインビジネスが80%、牛のビジネスが20%の割合です。収穫は機械摘みで行います。醗酵は全て天然酵母です。大きな規模では天然酵母による醗酵を管理するのはとても難しいことですが、コロンビエでは小さく区画ごとにそれぞれ醗酵させ、ブレンドすることで可能となっています。天然酵母のメリットはテロワールの個性がよりしっかり表現出来ることです。ブレンドしても、集約感があります。単なる大手との違いはここにあります。マロラクティック発酵のあとに澱を取り除きます。沈殿した澱を取り除くことでクリアなワインに仕上がります。
「ル ギド アシェット デ ヴァン」に毎年のように星付きで掲載。ヒュー ジョンソン「ザ ワイン アトラス オブ フランス」には、シャブリの『特に重要な生産者』のひとつとして名前が挙げられています。

歴史 1887年  ワイン造りに従事
1957年  ギイ モットがシャブリの醸造を専門とする
1980年半ば  ボトルでの販売を始める
オーナー ギイ モット :4代目
葡萄園 プティ シャブリ4ha、シャブリ40ha、フルショーム2.3ha、ヴォクパン1.1ha、ブーグロ1.2ha、VV(樹齢45年)1ha。
栽培 肥料は牛糞。80頭牛を放牧しているので、それでまかなえる。

引用データ:(株)稲葉

お取り扱いワイン