ドメーヌ ド ロラトワール サン マルタン

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

 

生産者紹介 ドメーヌ ド ロラトワール サン マルタン

Domaine de L’Oratoire St. Martin

http://www.oratoiresaintmartin.fr/

ドメーヌ ド ロラトワール サン マルタン コート デュ ローヌ フランス

 

ケラーヌを代表する生産者。「最高のオーガニック生産者」にも選出!

「父の代から畑の可能性を信じていた斜面の畑」
ドメーヌの名前の「オラトワール」は、礼拝堂を意味し、「サン マルタンの丘の畑にある小礼拝所」を指します。ドメーヌの主となる部分は、ラストーの丘から200mあまりの、ケラーヌ村の北東にあります。それらは急斜面で、キャタピラを必要とするところもあります。彼の父は、他の誰も気付かない頃からこの場所は素晴らしい可能性があると信じていました。

「ビオディナミは、子供の頃から教えられた当たり前のやり方」
畑に関しては、農薬や化学肥料は使わず、ビオディナミで栽培しています。祖父母や父は、いつも月と星を気にした農作業をしていました。シュタイナーによってビオディナミ農法として学術的に確立された方法ですが、アラリーにとって、先代のこの農法は小さい頃から教えられてきた当たり前の方法であり知識です。ほとんどの畑が斜面にあるため、作業にはより手間がかかります。このドメーヌの強みは40年以上の古い樹齢の葡萄樹の比率が高いことで、一部には100年を超えるものもあります。白ワインのフレッシュさの秘密は、東と北の向きの畑の葡萄を使用すること。さらに食べた時にフルーツを感じたら即収穫します。葡萄が黄金色になって収穫するのは昔のやり方と考えています。

<評価>
「ギド デ ヴァン ベタンヌ +ドゥソーヴ2018」で最高のオーガニック生産者(1位)

歴史 1692年 アンドレ アラリーから300年以上10世代に渡り同じ畑でワイン造り
1984年  フレデリクとフランソワが引き継ぐ
オーナー フレデリク アラリー : 兄。畑&醸造。
フランソワ アラリー : 弟。畑仕事。
葡萄園 25ha  赤20ha、白5ha  赤20haの内、1.5haはA.O.C.ローヌで、他はA.O.C.ケラーヌです。
若い葡萄樹は、ケラーヌでも売れるが、コート デュ ローヌで販売。「これはプライドの問題」とフレデリクは語っています。
赤 : グルナッシュ60%、ムールヴェードル30%、シラー10%
白 : マルサンヌ50%、ルーサンヌ30%、クレレット15%、ヴィオニエ5%
栽培 2009年 アグリカルチャー ビオロジク(AB・有機栽培)取得。
2013年 ビオディナミで運営、デメテールの認証を受ける。

引用データ:(株)稲葉

お取り扱いワイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。