《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 ドメーヌ ダンデゾン

Domaine d’Andezon

ドメーヌ ダンデゾン コート・デュ・ローヌ フランス

 

牡牛のラベルが目印のコート デュ ローヌの人気アイテム

35haの畑は海抜200mに位置し、ワインは50%がドメーヌ名でリリース、残りはエステザルグのワインにブレンドするか、ネゴシアンに売ってしまいます。ヴァリギエール村とは別に、直線距離で約5kmのエステザルグ村にもダンデゾンの畑があります。通常はヴィラージュのシラーとヴィエイユ ヴィーニュの一部はこちらの畑からのものです。ふたつの村は近いが気候は異なり、ヴァリギエール村の方が2週間程遅く摘み取ります。タイプは、エステザルグがパワフル、ヴァリギエールはフルーティで果実味が特徴です。畑では、必要に応じて、適切な処理を行っています。基本は、除草剤を使わず、銅や硫黄を使用。病気に罹った際には、薬を使うこともあります。

ラベルに牛が使われているのは、元醸造責任者のニックが牛が好きだったことと、ラベルを見て「雄牛=フルボディ」というたくましいイメージを連想させるためだそうです。

オーナーティエリ ヤンピエトロ : 1965年生。エステザルグの組合員。1990年からダンデゾンの畑の責任者。
葡萄園35ha   シラー20ha、グルナッシュ10ha、サンソー1~2ha、ムールヴェードル、ヴィオニエ

データ引用:(株)稲葉

お取り扱いワイン