《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 ドメーヌ サンタ デュック

Domaine Santa Duc

https://www.santaduc.fr/

ドメーヌ サンタ デュック コート・デュ・ローヌ フランス

 

ジゴンダスのチャンピオン/ジゴンダスについての記事で、サンタ デュックが出てこない雑誌、ガイドはありません。

「目指すは、ローヌのブルゴーニュワイン」 「良い酸と良いストラクチャーを持った南ローヌでもしなやかでエレガントなワインを目指している。理想はブルゴーニュワイン、一杯ではなく一本飲めるワインを造りたい」とイヴ グラは話しています。具体的には、長い醸しはタンニンが強くなりすぎてしまい果実と酸を失ってしまうので短くし、熟成は樽を利かせると力強くなり過ぎるので、容器をバリックからフードル(3,000L)+テラコッタの壺(イタリア・インプルネータ製、800L)に移行しています。

「ドメーヌワインは畑仕事、ネゴシアンワインはブレンドがポイント」 ドメーヌワインには多くの畑仕事が必要で、現在4~5人を畑専門に雇っています。ネゴシアンワインは畑の作業は少ないですが、ブレンドに労力がかかります。しかしグラには南ローヌの友人が多く、彼らの情報を通して良い葡萄が入手出来ます。セラーでの仕事は基本的にグラ一人で行なっています。
「ミミズク」 サンタ デュックという名前は、ドメーヌの周りに生息する「グラン デュック Grand Duc」という珍しい野生の鳥(ミミズク)に由来しています。

<評価>
ロバート パーカー Jr.は、ジゴンダスの5ッ星生産者として、非常に高く評価しており、『ローヌ ヴァレー』の中で、「私にいわせればサンタ デュックはジゴンダスに君臨するチャンピオンである」といい、また「ワインスペクテーター」誌が選んだ2000年のBest100の中で、彼の’98VTジゴンダスが15位にランキングされました。いかなるワイン雑誌でも、ジゴンダスについて語られて、ドメーヌ サンタ デュックの名前が出てこないということはありません。ロバート パーカー Jr.「ワールド グレイテスト ワイン エステイト」に掲載。ヒュー ジョンソン「ポケット ワイン ブック2018」にトップ生産者として掲載。

歴史 1874年  ドメーヌ サンタ デュック創設。
1985年  エドモン グラからイヴ グラが引き継ぐ。現在5代目。それまで大半をバルクでネゴシアンに売っていたが、全て元詰め
に切り替えた。
オーナー イヴ グラ
葡萄園 30ha  ジゴンダス13ha / シャトーヌフ デュ パプ 6ha / ヴァケラス 2ha / ラストー 2ha / その他 ロエ、セギュレ、サブレ等 7ha
栽培 マサル セレクション
自社畑はオーガニック 畑には化学的なものや除草剤を使わず、土を耕して除草をしている。肥料は動物の糞や葡萄の枝など植物から作られたコンポストを使用している。
やり方は1995年頃から変わっていないが、2012年から一部アイテムに認証のABマークが付く。

データ引用:(株)稲葉

お取り扱いワイン