ビショフリッヒェ ヴァインギューター トリアー

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

 

生産者紹介 ビショフリッヒェ ヴァインギューター トリアー

Bischöfliche Weingüter Trier

https://www.bischoeflicheweingueter.de/

ビショフリッヒェ ヴァインギューター トリアー モーゼル ドイツ

 

モーゼル川の銘醸畑をいくつも所有する教会関連の醸造所

1966年に教会関連の組織が所有する3つの醸造所が合併して設立されました
ビショフリッヒェ ヴァインギューター トリアー(トリアー司教の管轄権のワイン醸造所)は、1966年に1世紀以上も続く3つの醸造所が合わさって設立されました。3つの醸造所とは、ビショフリッヒェス・コンヴィクト醸造所(Bischöfliches Konvikt:1840年設立)、ビシェッフリッヒェス・プリスターゼミナール醸造所(Bischöfliches Priesterseminar:1773年設立)、およびホーエ・ドムキルヒェ醸造所(Hohe Domkirche:1851年設立)です。

さらに、2004年には30haの畑を所有するフリードリヒ ヴィルヘルム ギムナジウム醸造所(Friedrich-Wilhelm-Gymnasium)が加わりました。これらの醸造所はモーゼル川、ザール川、ルーヴァー川に沿って現れる、いくつもの銘醸畑を所有しています。リースリングが主役となる葡萄品種で、栽培面積の90%はリースリングです。各畑から葡萄が持ち込まれ、プレスするのはザールにあるシャルツホーフと、ルーヴァーにあるデュースブルガー ホフです。

葡萄園 栽培する葡萄品種は90%がリースリングで、平均収量60hl/ha、植密度5,000本/haです。葡萄の樹齢は若いものから、古いもの(35年またはそれ以上)まで様々です。収穫は全体の70%を手摘みで行い、およそ30%は機械を使って収穫します。
所有する主な著名畑 モーゼル(Mosel):全98ha
・トリッテンハイマー アポテーケ Trittenheimer Apotheke(6.5ha)
・ドローナー ホフベルガー Dhroner Hofberger(4.2ha)
・エルデナートレプヒェン(1.3ha)
・ピースポーター ゴールドトロップヒェン(1.3ha)
・ユルツィガー ヴュルツガルテン(1.1ha)ザール(Saar):
・シャルツホフベルガー Scharzhofberger(6.3ha)
・カンツェマー アルテンベルク Kanzemer Altenberg(5.9ha)
・アイラー クップ Ayler Kupp(10.2ha)ルヴァー(Ruwer):
・カーゼラー ニッシェン Kaseler Nies’chen(3.1ha)
・ベルンカステラー バッドシュチューベ
・グラヒャー ドムプロスト、ヒンメルライヒ
ワイン造り 醸造、発酵は、全体の3分の1を1000Lのフーダー(大樽)で行い、残り2/3はステンレスタンクで行います。ワインを熟成するのは、ローマ時代から存在する、トリアーの中心地にある丸天井のセラーの中です。

引用データ:(株)稲葉

取扱ワイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。