ケース キーレン

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

 

生産者紹介 ケース キーレン

Weingut Kees Kieren

https://kees-kieren.de/

ケース キーレン モーゼル ドイツ

 

モーゼル中流域の著名な畑を所有、1648年設立の歴史ある生産者

ケース キーレンはモーゼル中流域のグラーハ村にある、全くの家族経営の生産者です。設立は今から約370年前の1648年です。現在は、12代目の兄のエルンスト-ヨセフ(写真左、醸造、販売担当)と弟のヴェルナー(写真右、栽培担当)の兄弟が30年にわたり、ワイン造りを行っています。生産するワイン全体の60%が辛口、20%がオフドライ、20%甘口です。エルンスト-ヨセフの息子ニクラウス(写真中央)は、将来13代目を引き継ぐべく、現在ガイゼンハイム大学で醸造、栽培を学んでいます。

歴史 1648年に設立
オーナー エルンスト-ヨーゼフ ケース(Ernst-Josef Kees)
ヴェルナー ケース(Werner Kees)
葡萄園 グラーハー ドームプロブスト 2ha
グラーハー ヒンメルライヒ  2ha
その他、エルデナー トレプヒェン、ケステナー パウリンスホフベルグ、キンハマー ローゼンベルグにも畑を所有

引用データ:(株)稲葉

取扱ワイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。