ベルンハルト コッホ

[wc_box color=”inverse” text_align=”center”] 《自家葡萄園元詰のワイン》 生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。 [/wc_box]

 

生産者紹介  ベルンハルト コッホ

Weingut Bernhard Koch

   ベルンハルト コッホ ファルツ ドイツ

 

https://shop.weingut-koch.com/weingut.html

ドイツ ファルツで躍進!日本人のケラーマイスターの挑戦!

ファルツのハインフェルトにある家族経営のワイン生産者です。これまでは国内(近隣)の個人客への販売がほとんどで、輸出は行っていませんでした。

土壌と品種・・南ファルツは、粘土石灰質土壌のため、ピノ ノワール、シャルドネ、ヴァイスブルグンダー、グラウブルグンダーなどに力を入れています。他にも、ドルンフェルダーやカベルネ ソーヴィニヨン、メルロを植えており、20品種以上を手掛けています。生産比率は、赤白各50%ずつです。

日本人ケラーマイスター・・ワイン造りをするのは、兵庫県出身の坂田千枝。幼い頃から果樹栽培の仕事をしたいと考えていました。地元の農業高校に進学し、17歳の時にドイツにホームステイしたことがきっかけとなり、ドイツへ。職業訓練を受け、ラインガウやアールで研修を積みました。2013年末から、コッホで働いています。普段は、一人でセラーの仕事を担当しています。ベルンハルトから学んだことは「お客様が求めるワインを造ること」。ブルゴーニュのピノ ノワールが好きで、それに近づけていきたいと考えています。

こだわりのワイン造り・・ワインのベストな状態を考えて、添加物は極力加えないようにしています。赤は基本的にノンフィルター、白はベントナイト処理を行わないようにしています。低価格帯のワインにも1つ1つたんぱく質沈殿率のチェックを行っています。「低価格帯のワインも、上級クラスのワインにも同じ労力をかけています。」と坂田は語ります。酵母は選別酵母ですが、2009年にブルゴーニュ スタイルのピノ ノワールを造り始めて以来、2013年頃から「ヴィヌム」や「ゴーミヨ」などのワインガイドに掲載されるようになりました。

歴史 1610年からワイン造りをする家系
1980年 ベルンハルトが引き継ぐ。3haからスタート。
2017年 息子アレクサンダー コッホが加わる
オーナー ベルンハルト コッホ
栽培 50ha
ピノ ノワール、シャルドネ、ヴァイスブルグンダー、グラウブルグンダーなどに注力。その他ドルンフェルダーやカベルネ ソーヴィニヨンなど20品種以上を手掛けている。生産比率は、赤白各50%ずつ。

引用:(株)稲葉

取扱ワイン

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。