《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

 

生産者紹介 カール ファフマン

Weingut Karl Pfaffmann

https://www.karl-pfaffmann.de/

カール ファフマン ファルツ ドイツ

 

目指すのは品種の特性を出した、インターナショナルなスタイル。でもファルツらしさも忘れません。

ほとんどのワインは自社畑の葡萄を使用しますが、一部、他の栽培農家から葡萄を購入しています。買い取り葡萄は、畑の面積で契約しています。収穫はファフマンが行います。このような契約の形態を取っているのは、色々な品種を栽培できるなどフレキシブルにワインを造れるからです。考え方や価値観を理解し共有できる人にしか頼んでいないので、思った品質の葡萄を造ってもらっています。土壌、日差し、マーケットの需要により植える品種を決めています。多くの葡萄品種を栽培しているのは、天候により全滅するリスクを避けるためでもあります。従業員数20人。地下5mの位置にワイン倉庫があります。倉庫の上にはソーラーパネルがあり、直接地面に日光が当たらないようにしています。夏でも17度で、20度以上にはなりません。倉庫内は、カビへの対策もしています。2013年から最新のボトリングシステムを導入。オゾン水を使って清掃を行うことで、ボトル内の空気がきれいになり、バクテリアが発生しなくなります。また、白ワインをボトリングする際には、二酸化炭素を注入して、酸化を防ぎ、よりフレッシュな状態をキープします。

目指すのは、品種の特性を出した、インターナショナルなスタイルです。しかし、ファルツらしさも忘れないようにしています。直売所に買いに来る人達は品質に敏感なので、注意深く観察し、マーケットを把握する参考にしています。ちなみに、生産量の10~15%を直売所で販売しています。

2013年の生産量は約50万本、全体の約95%はドイツ国内で消費されています。

〈評価〉
「ゴーミヨドイツワインガイド2017」で3房。2013年と2014年のラインラント プファルツ州の品評会で、出品したすべてのワインの総合平均の高いワイングートに与えられる「Staatsehrenpreis スターツエーレンプライズ(特別栄誉賞)」を受賞。「ファインシュメッカー」で、2014ドイツNO.1生産者のひとつに選出。

歴史 1955年 カール ファフマンがファルツのヴァルハイム村に設立
オーナー ヘルムート ファフマン : 2代目。
マルクス ファフマン : 3代目。ケラーマイスター。ワイン造りはカリフォルニア、ブルゴーニュ、ドイツ各地で修業を行った。フリッツ ハークのオリヴァーとも一緒に勉強した。
葡萄園 100ha その内自社畑83ha 全体の20~25%が赤ワイン
リースリング30%、グラウブルグンダー25%、ヴァイスブルグンダー10%、シャルドネ5%、シュペートブルグンダー10%、その他20%
栽培 早めに剪定作業を行い、切り落とした枝を有機肥料としています。また、地中の水分を調節するため、樹と樹の間に特別な草を生やしています。

引用データ:(株)稲葉

お取り扱いワイン