サンタ ヘレナ

生産者紹介 サンタ ヘレナ

  サンタ ヘレナ セントラル・ヴァレー チリ

 

チリの名門サンタ・ヘレナは1942年創業。チリワインを世界に輸出してその名を広めたパイオニアです。
ギリシア語で“Helene”は、「太陽のように光を照らす」という意味があり、ラベルの女神像は、それを象徴するわかりやすいデザインとなっています。

現在、チーフワインメーカーであるマイテは2013年に就任。
マイテは数々のプレミアムブランドも手掛ける実力者で、日々品質の向上に努めています。
さらにサンタ・ヘレナはチリ第2位の企業力を活かし、世界マーケットのための低コストワイン生産を実現させ、手に取りやすい価格でいながら、最高品質のワインを作り出しました。
サンタ・ヘレナ社が属するサン・ペドロ・タラパカ・グループは、世界50カ国に100万ケース以上のワインを輸出し、高い評価と親しみを得ています。

 

“輸入ワイン単一ブランドで年間100万箱”を超えたビッグブランド、チリワイン市場売上No.1(※)「サンタ・ヘレナ アルパカ」がチリワイン市場を牽引

2015年の輸入スティルワイン市場で、2014年まで2位であったチリワインが、フランスワインを上回り、“初”の1位となりました。
輸入デイリーワインの代表格であるチリワインは、関税の低減・撤廃などにより、この10年間で約7倍の市場規模に拡大しています。2015年は年間で約573万箱(前年比118.1%)と大幅増となりました。
(1箱=750ml×12本換算。以下同様)アサヒビール㈱が2012年3月に新発売したチリワイン「サンタ・ヘレナ アルパカ」は、初年度の販売数量3万6千箱(1箱=750ml×12本換算)から伸長を続け、2015年は約30倍の規模に成長、現在“チリワイン市場売上No.1(※)”ブランドです。2015年年間の販売数量は101万(前年比276.7%)箱となり、チリワインの伸長率をさらに大きく上回る伸びとなりました。100万箱を超える単一ワインブランドは少なく、「サンタ・ヘレナ アルパカ」は拡大するワイン市場を牽引するビッグブランドに成長しました。
※)出典:インテージSRI 7業態(SM/CVS/酒DS/HC/DRUG/一般酒販店/業務用酒販店)

引用データ:アサヒビール(株)

お取り扱いワイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。