マイポヴァレー

マイポ・ヴァレーのブドウ栽培は、大都市サンティアゴに近いことから、19世紀中葉、フィロキセラがヨーロッパの葡萄畑を荒らす前に、ボルドーから直輸入した苗木から始まった。
それが、チリを多様なボルドー系品種(カベルネ・ソーヴイニヨン、ソーヴイニヨン・ブラン、メルロー、カルムネール)の宝庫にした始まりである。
マイポは、気温が最も高く、セントラル・ヴァレーでは最も小さな栽培地域だが、19世紀から続く伝統的な大手のワイナリー(コンチャ・イ・トロ、サンタ・リタ、サンタ・カロリーナ等)もあれば、1990年代に生まれた新興ワイナリーもある。
工業スケールの大規模農園から実験的で小規模ブティック・ワイナリー、又、有機栽培の農園まで、実に多種多様なワイン造りが展開されている。加えて、近年は外国資本も参入している。
その中心に大都市サンティアゴ(人口600万)を抱えるこの産地は、名実ともにチリワインの中心である。

セントラル・ヴァレー地域(Central Valley Region)

  • マイポ・ヴァレー(Maipo Valley)
  • カチャポアル・ヴァレー(Cachapoal Valley)
  • コルチャグア・ヴァレー(Colchagua Valley)
  • クリコー・ヴァレー(Curico Valley)
  • マウレ・ヴァレー(Maule Valley)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。