Sakezo

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 ロス ピノス

Los Pinos

ロス ピノス 地中海地方 スペイン

ロス ピノスは、バレンシアのトスカーナとして知られるアルバイダ渓谷の美しい村、フォンタナルス デルス アルフォリンスにあります。基本的には地中海気候ですが、アリカンテやラ マンチャに近く、大陸性気候の影響も受けています。平均気温は夏が24度、冬は7度、降雨量は非常に少なく、冬と春に集中して降ります。この恵まれた地理的条件と優れた気候のおかげで、品質の高いワインが生まれます。葡萄の収穫は、小箱を使って手摘みで行ないます。発酵は、自然酵母を使ってコンクリートタンクで行ないます。

歴史100年以上前からワイン造り
1990年 バレンシアで最初にオーガニックの認証を取得(スペインで2番目)。有機栽培の先駆者的存在として知られるようになる。2006年 ホセがワイナリーを取得。最初からオーガニックで栽培。
2008年 ラファエル カンブラが参加し、新しいワインスタイルとなる。
オーナーホセ アントニオ フェリ(1962年生)  バレンシア州アリカンテ出身。田舎好きで、馬を20頭持っている。
葡萄園62ha  内6haが白葡萄用。すべて自社畑。 標高600m。
土壌は、砂質ローム、粒の粗い砂が多く見られます。植密度は1,800本/haです。
栽培完全なオーガニック。CAE-CV。
葡萄栽培はオーガニックで、化学的な物質に頼らない、遺伝子組み換えの葡萄を使わないで、自然にあるものを最大限に利用しています。この方法によって最大限の品質を得る一方で、環境を尊重し、土を守り、自然とのバランスをとりながら栽培を行なっています。オーガニック栽培は、通常より手間がかかりますが、これが過去20年以上も続けている理由です。ナチュラルな葡萄を表現したい、植物も土壌もすべて生きているのだから、それら生きているもの全てをワインに表現していきたいと思っています。

引用データ:(株)稲葉

お取り扱いワイン

トップへ戻る