ボデガス アテカ

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

 

生産者紹介 ボデガス アテカ

Bodegas Ateca

  http://bodegasateca.es/

ボデガス アテカ 北部地方 スペイン

 

注目のヒル ファミリーのメンバー/まずは一度飲んでいただきたい

フミーリャに拠点を置き、スペイン各地に9つのボデガを展開するヒル ファミリー エステーツのボデガのひとつです。ボデガは、カラタユードから14km離れたアラゴン県サラゴサ州のアテカにあります。アテカとは、ボデガのある村の名前です。葡萄畑は、購入前、畑を初めて見た時には、あまりにも素晴らしく驚いたそうです。一般的に粘板岩土壌はガルナッチャを育てるには難しいとされているため、この組み合わせは非常に珍しいのですが、大昔からこの土地では栽培されていました。果皮を食べ苦味がないことが完熟の証なので、収穫のタイミングは機械ではなく官能検査で決めます。
ワインメーカーは、オーストラリア国内で経験を積んだマイケル キーベル。同じヒル ファミリーのアラヤもオーストラリア人のワインメーカーですが、外国人でならなければいけないという訳でなく、最良のワインを造ることが出来ることを基準に選んでいます。また、いつもワインを先入観なく、正しく審査できる人間でなければならないと考えています(スペイン人の場合、この先入観無く、というのが難しいのです)。90%が輸出、10%が国内で売られます。

歴史 2005年に設立されました。
葡萄園 この地区の標高1,000mにある粘板岩土壌、アテカ山の中腹および周囲の村に位置し、樹齢30~100年のガルナッチャが植えられています。葡萄園面積は、55haです。粘板岩土壌のとても痩せた土地です。

〈ヒル ファミリー エステーツ グループ〉

引用データ:(株)稲葉

お取り扱いワイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。