ダビド サンペドロ ヒル

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

 

生産者紹介 ダビド サンペドロ ヒル

David Sampedro Gil

ダビド サンペドロ ヒル 北部地方 スペイン

 

各産地の地葡萄を使用してその場所の特性が表れたワイン造りにこだわる

リオハで5世代に渡りワイン造りをする家に生まれたダビド サンペドロ ヒルは、リオハ大学を卒業後、マドリッド、リベラ デル ドゥエロ、ナバラ、ドイツ(ザール)等のワイナリーで働いたり、コンサルタントをしたりしていました。彼は子供の頃から祖父のワイン造りを手伝っていたので、「ワインを造るのが当たり前だし好きなこと、ワインを造るのが運命という血が流れている」と思っています。2006年にアメリカの輸入業者から「自分のワインを造ったらどうか」と言われ、祖父の昔ながらの畑があり、また畑は持っていたが本格的にワイン造りはしていなかったホセ ラモン&レクセ夫妻に「自分がワイン造りをするからワイナリーを立ち上げて欲しい。」と共同経営を提案し、ボデガス D.S.L.を共同で立ち上げました。その後、ダビドは独立し、D.S.G.ヴィンヤーズをスタートさせました。栽培する品種は、テンプラニーリョ、ガルナッチャ、グラシアーノ、ビウラ、マルヴァジアです。価格がリーズナブルで美味しいワインを造ることや、各産地の地葡萄を使用してその場所の特性が表れたワイン造りにこだわっています。
「デカンター2012.01」の『リオハの多面性』と題した記事に、写真入りで掲載されました。

引用データ:(株)稲葉

お取り扱いワイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。