Sakezo

ボデガス トリデンテ

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 ボデガス トリデンテ

Bodegas Tridente

http://bodegastriton.es/

ボデガス トリデンテ 内陸部地方 スペイン

 ヒル ファミリー グループ/力強いティンタ ダ トロの個性を生かしたワイン造り

畑はザモラとトロにあり、なんと50ヶ所にも分かれています。ひとつひとつの畑は広い所でも1.5haまでで、樹齢の古い畑のみを少しずつ買い足してきたためです。栽培しているティンタ デ トロ(テンプラニーリョの亜種)には150年を超える樹齢のものもあります。クローンが違うため、テンプラニーリョと異なる特徴があります。とても栽培が難しい品種で、ガルナッチャ ティントレラと同様の、力強すぎるほどの骨格があります。
畑は50ヶ所に分かれていますが、区画ごとに分けて醸造・熟成させます。ステンレスタンクにあるものも、樽で熟成中のものも、全てどの区画の葡萄のものか追跡できるように管理しています。後日試飲して、どの区画をどのクラスのワインにするか決めます。品質に納得のいかないものは瓶詰めせずに他へ売りに出します。その割合は、通常15~20%です。
発酵は暖かい部屋で行い、発酵が終わったら部屋全体を低い温度にして熟成庫として使います。ティンタ デ トロが力強い品種であるため、ポンピングオーバーでは全てが強烈に抽出されすぎてしまうので、その代わりに果帽をゆっくりと押し込み、皮をゆっくりと浸すことで、えぐみが出ないようにします。足で葡萄を踏んでいた時代のやり方を、機械で行なっているイメージです。また、他のワイナリーよりタンクが小さめです。このタンクの大きさや形はオーダーメードです。アルコール度数が高めですが、これは醸造技術によってアルコールの高いワインを造っているのではなく、樹齢が古いために糖度の高い葡萄が収穫できるからです。樽は全てフレンチオークです。
醸造と瓶詰めはボデガのあるビジャヌエバ デ カンペアンで行ない、フミーリャのメインの倉庫で保管します。セラー内部は無駄な部分が一切ありません。思い描くワインを造るために何が必要か、効率よく運営するためにどのようなセラーであるべきか、緻密に計算された設計で、ミゲル ヒルの哲学がその構造に表れています。
葡萄園自家畑90ha。  D.O.トロに位置する区画もありますが、D.O.外の周辺にも条件のよい畑がたくさんあり、D.O.にはこだわらず、あえて地域を狭める必要もないため、トロを名乗っていません。土壌は、D.O.トロに非常に良く似ています。
畑はザモラとトロにあり、なんと50ヶ所にも分かれています。ひとつひとつの畑は広くても1.5haで、樹齢の古い畑のみを少しずつ買い足してきたためです。栽培されているティンタ デ トロ(テンプラニーリョ)は150年を超える樹齢のものもあります。クローンが違うため、テンプラニーリョと異なる特徴があります。とても栽培が難しい品種で、ガルナッチャ ティントレラと同様の、力強すぎるほどの骨格があります。
栽培肥料 : 牛糞。病気への対策に、オーガニックで許可されている銅と硫黄を使うことがある

データ引用:(株)稲葉

〈ヒル ファミリー エステーツ グループ〉

お取り扱いワイン

トップへ戻る