ボデガス タマラル

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

 

生産者紹介 ボデガス タマラル

Bodegas Tamaral

https://tamaral.com/

ボデガス タマラル 内陸部地方 スペイン

 

樹齢の高い葡萄(100年樹齢が30%)、標高の高い畑(900m)から生み出される凝縮かつ洗練されたワイン

デ サンティアゴ家はタマラルを設立する前から数十年に渡り、葡萄栽培およびワイン造りに携わり、現在のオーナーは、4代目に当たります。ボデガのある場所は、リベラ デル デュエロの中心、この地域におけるワイン発祥の地、ペナフィエル(バリャドリード近郊)の玄関口に位置しています。

タマラルの特徴は、葡萄畑全体の30%が樹齢100年を超える古樹であるという点。また50%以上の畑は標高900m以上の高い場所に位置し、夏暑く、冬は非常に寒くなります。また日中の寒暖差も大きいため、葡萄はゆっくりと成熟し、フレッシュな酸が保たれます。樹齢の高い葡萄、標高が高い畑という条件が合わさり、素晴らしく集約され、しっかりと骨格のあるワインが生まれます。

ワイン造りは、イタリア人の醸造コンサルタントのニコラ トゥッチ(Nicola Tucci)とワインメーカーのフランシスコ ハビエル ガジェゴ(Francisco Javier Gallego)が担当しています。タマラルでは、すべてのワインをフレンチオークとアメリカンオークで熟成させています。全体の3分の1の樽は毎年新しくしています。新樽はトップ キュヴェの「フィンカ ラ ミラ(S-204)」と「タマラル レセルヴァ(S-203)」の熟成に使用、その後はクリアンサとロブレに使用します。また、出荷前にボトルで一定期間(ワインによって期間は異なる)熟成させてから、市場に出しています。

歴史 高品質なワイン造りを求め、デ サンティアゴ家が1997年に設立した家族経営のボデガです。
オーナー デ サンティアゴ家
葡萄園 自社畑50ha ペスケラ デ デュエロ 30ha + パディジャ デ デュエロ20ha (オーナーファミリーが昔から所有している畑)
契約畑:100ha(長期契約)、ブルゴスにあるBanos de Valdearadosの畑、ひとつひとつの区画はとても小さく、葡萄の樹齢が高い
全体の30%ほどが樹齢100年を超えるティント フィノ(テンプラニーリョ)の古樹。

引用データ:(株)稲葉

お取り扱いワイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。