ボデガス イ ビニュドス ゴデリア

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

ボデガス イ ビニュドス ゴデリア

ボデガス イ ビニュドス ゴデリア 内陸部地方 スペイン

メンシアはピノ ノワール、ゴデーリョはシャルドネ。ビエルソは、スペインのブルゴーニュです!

カスティーリャ イ レオンとガリシアの間の山間部、ビエルソのピエロス村に位置するボデガです。伝統的な方法を尊重しながら、最新の現代技術を取り入れたワイン造りを行なっています。畑は海抜500~700mに位置します。ジョセップ セラは、プリオラート出身で、この地域が珪岩と粘板岩が混ざる土壌で、プリオラートに類似しているので、その可能性を感じてビエルソに来ました。気候は、隣接するガリシアに近く、大西洋気候と地中海性気候の影響を受け、降雨量は年間500~700mmです。高いポテンシャルを持ちながら未開発の地域ですが、樹齢の古い葡萄が多いのが有利な条件を世界中に広めることが夢のひとつです。ビエルソの地葡萄であり、世界で最もユニークな葡萄のひとつであるメンシア100%のワインビエルソは世界遺産にも認定されているサンティアゴ デ コンポステーラの巡礼道沿いにあり、ゴデリアの葡萄畑の前にその巡礼の道が通っています。そのためゴデリアは巡礼のシンボルであるホタテ貝を巡礼者達への敬意の印としてボデガのエンブレムに取り入れています。
エレガントな酸を造るのがポイント。良い方向に向いている房を均等に付けるよう、数を調節する。収穫を2回に分け、1回目は酸を考えて若い青い果実、2回目はフルーツを考えてする。ビエルソを選んだのは、将来性があると考えたから。ゴデーリョやメンシアはスペシャルな葡萄。高い比率で古木があり、良いワインが出来る。メンシアはピノ ノワール、ゴデーリョはシャルドネ、つまり「スペインのブルゴーニュ」です。

歴史2000年 設立。ガルシア バスケ家による家族経営。
2009年 プリオラート出身のジョセップ セラが引き継ぐ。生産量を大幅に落として葡萄の品質を高めている。
オーナーガルシア ロドリゲス家
葡萄園35ha自社畑 / 30ha レグアス 10~20年樹齢、5ha エル カストロ 46年樹齢 / 70%メンシア、30%ゴデーリョ
5haレンタル  ゴデリアが100%指導。
栽培栽培は、ビオディナミを目標としていますが、色々なデータを収集して、偏りすぎないように、縛りがきつくなりすぎないようにしています。環境に障害の無い範囲で、フェロモンカプセルも使っています。灌漑設備はなく、雨水のみを使用。

引用データ:(株)稲葉

お取り扱いワイン