ヴェゼーヴォ

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

 

生産者紹介 ヴェゼーヴォ

Vesevo

https://www.farnesevini.it/vini-campani

ヴェゼーヴォ カンパーニャ イタリア

 

単一品種にこだわってブレンドをせず、地元の品種100%でワイン造り。葡萄や地域の特徴を最大限に生かすための最新技術を導入。

「ヴェゼーヴォ」とは、ヴェズーヴィオ火山のラテン名です。ヴェゼーヴォは、単一品種にこだわってブレンドをせず、地元の品種100%でワイン造りをしています。
2013年より常任のエノロゴとしてシモーネ(1987年生、ミラノ出身)が加入しました。ファルネーゼで研修をしていた際に、その仕事ぶりを買われてスカウトされました。彼は18歳よりイタリア国内11か所のワイナリーを皮切りに、オーストラリア、南アフリカ、フランス(ラングドック)、アルゼンチン(メンドーサ)など海外でも経験を積みました。特にオーストラリア、シチリアでの経験が現在の仕事に大きく影響しています。アルベルト アントニーニは、2ヶ月に1度ワイナリーを訪れ、常駐スタッフとミーティングを行います。収穫時期や最初の醸造を行う時には必ず訪れます。ファルネーゼのチーフエノロゴ、フィリッポ バッカラーロは、最終段階でアドバイスを与えています。

歴史 2000年  ファルネーゼとカンパーニャの生産者が共同経営で設立
2012年  100%ファルネーゼの資本に
2013年  設立当初のカンティーナ フォリーノからタウラジの共同組合を購入して大幅に改修、移転。手狭だったスペースが広くなり、回転式発酵槽やスパークリングワインを造るタンク、瓶詰ラインなど、最新醸造設備が充実。
オーナー ファルネーゼ ヴィニ
葡萄園 自社畑15ha + 契約畑85ha
栽培 畑では、葡萄が焼けてしまわないように、地面に草を生やしています。土壌が豊かで、草が自然に生えてきます。また、日中暖かく、夜は涼しくなります。土壌は火山灰を多く含んでいて、水の吸収が良く、雨が降っても影響があまりありません。

〈ファルネーゼグループ〉
テヌータ ロセッティ(トスカーナ)
ヴェゼーヴォ(カンパーニャ)
ヴィニエティ デル サレント(プーリア)
ヴィニエティ デル ヴルトゥーレ(バジリカータ)
ヴィニエティ ザブ(シチリア)

引用データ:(株)稲葉

お取り扱いワイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。