《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

 

生産者紹介 イル キオッソ

Il Chiosso

http://www.ilchiossogattinara.it/

イル キオッソ ピエモンテ イタリア

 

昔と同じ自然な方法でゲンメやガッディナーラを造る新しい生産者

2007年にマルコ アルルンノ(エノロゴ・写真)とカルロ カンビエーリによって設立された新しいワイナリーです。“イル キオッソ”とはピエモンテで、石垣で囲まれた畑のことを指します。優れたワインの出来る区画を区別するため、かつて造り手はその場所を石垣で囲みました。この考え方は、現在の彼らのワイナリーでも生かされ、D.O.C.G.ガッティナーラ、ゲンメ、D.O.C.ファラのエリアにある最高の畑から質の高いワイン造りを行っています。
葡萄の栽培は、現在も昔と同じ自然な方法で行われ、環境への影響を可能な限り少なくなるように心がけています。例えば、畑の害虫に対しては天敵の昆虫を放して対処しています。葡萄の剪定から、収穫、醸造、ボトリングまでのすべての過程において、最大限の品質を得るために、細心の注意が払われています。ピエモンテ全体でゲンメの生産量は15万本。その内、イル キオッソは1万本。同じくガッディナーラは30万本で、イル キオッソは2万本生産しています。

歴 史 イル キオッソは2007年にマルコ アルルンノとカルロ カンピエーリの主導で設立。
オーナー マルコ アルルンノ(写真) :オーナー エノロゴ
カルロ カンピエーリ : オーナー
葡萄園 ガッティナーラ・・・セシア川の西側、ヴェルチェッリ県に位置する産地。北ピモンテの長期熟成能力を持つ赤ワインとして、過去にはバローロにも勝る名声を誇っていた。もともと火山があった標高500mの丘をメインに畑があり、土壌は火山性土壌が主体で、肉付きが良く深みがあり力強いワイン。

ゲンメ・・・ガッティナーラの対岸、セシア川の東側、ノヴァーラ県に位置する産地。土壌は粘土と花崗岩で構成されている。標高250mのなだらかな丘に畑が広がり、ガッティナーラに比べ女性的で優美なワイン。

栽 培 昔と同じ自然な方法で行われ、環境への影響が可能な限り少なくなるように心がけています。例えば、畑の害虫に対しては天敵の昆虫を放して対処しています。

引用データ:(株)稲葉

お取り扱いワイン