ヴィッラ アンナベルタ

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 ヴィッラ アンナベルタ

ヴィッラ アンナベルタ

ヴィッラ アンナベルタ ヴェネト イタリア

ハイレベルなアマローネなどを造る家族経営の生産者です。

ヴィッラ アンナベルタは、ハイレベルなアマローネなどを造る家族経営の生産者です。10haから始めたワイン作りは、現在レンタルを含め380haでワイン造りをするまでになりました。アンナベルタは夫人の名前で、「アンナベルタの家」という意味です。セラーの設計は全て夫人の手によるものです。美しく素晴らしいワイナリーです。アマローネやカナヤにする葡萄は区画で決めています。ヴァルポリチェッラ用の品種は、斜面の畑でのみ栽培しています。平地は、白品種に向いています。
畑仕事は、「仕事でなく楽しみ。良いワインが出来ることに喜びを感じる」と語ります。海抜500mのところにアパッシメント用の倉庫があります。陰干しはなるべく自然に乾燥するのが理想なため、中の湿度が高くなると窓が開き、外の湿度が高くなると窓が閉まるといった、空気の入れ替えをコンピューター管理で自動コントロールしています。理想的な湿度は60~70%です。10、11月は限りなく0度に近づきます。ディエゴのワイン造りの哲学は、「悪い商品を造る位なら、ワインは造らない」ということです。現在、イタリアの経済状況が悪いなか、灌漑用設備や虫除けの網掛けなど、畑への投資を行っています。

歴史コッティーニ家はヴェローナでワイン造りをしていたが、ほとんどをバルクで販売。
2000年 ディエゴ コッティーニが10haを相続して会社を設立
2005年 ヴィッラ アンナベルタの名前でワインを出荷し始める
オーナーディエゴ コッティーニ
葡萄園自社畑140ha(ガルダ70ha、ヴァルポリチェッラ50ha、サルデーニャ20ha)
レンタル240ha

引用データ:(㈱)稲葉

お取り扱いワイン