テヌーテ トスカーナ ディ ブルーナ バロンチーニ

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

テヌーテ トスカーナ ディ ブルーナ バロンチーニ

テヌーテ トスカーナ ディ ブルーナ バロンチーニ トスカーナ イタリア

亡父の夢 トスカーナの全てのDOCGにカンティーナを持つという夢を実現

ワイナリーにことをイタリア語で「カンティーナ」といいます。バロンチーニ家の歴史は、今から約500年以上も前にまでさかのぼることができます。現在残る昔の系図によると、バロンチーニ家はサン ジミニャーノの地に、1489年から所有権を得たという記録があります。それから何世紀か後、’60年代にジャウレス バロンチーニがトップクラスのワイン造りでの成功を目指し、現在のカンティーナ バロンチーニを立ち上げました。恵まれた土地と家族の協力、先を見越して少ずつ畑を買い足していき、事業は拡大していきました。娘のブルーナは、父が亡くなった時に医学の道をあきらめ、トスカーナのそれぞれのD.O.C.G.にカンティーナを持つという父の夢を実現するための計画を立てました。

現在彼女は畑にいたり、セラーでブレンドしたりと、ワインに携わることをこよなく愛しています。彼女が思い描く理想像は、テロワールに密着した、土地の個性が生かされたワインです。6つのカンティーナを所有し、特定の銘柄に特化した生産者が多いトスカーナでは珍しく、幅広いラインナップを生産しています。少ない人数で多くのカンティーナをコントロールすることで、規模と専門性、多品目でありながら効率的な運営という、相反する点を上手く融合させています。

オーナーブルーナ バロンチーニ
葡萄園6つのカンティーナ(農協)を所有し、カンティーナごとの銘柄で発売

  • バロンティーニ
  • トッレ テルツァ
  • テヌータ イル ファッジェート
  • テヌータ ポッジョ イル カステッラーレ
  • カズッチョ タルレッティ
  • ファットリア クエルチャロッサ

 

テヌータ イル ファッジェート(モンタルチーノ)

ブルーナが好きな馬がラベルに描かれ、等級が上がるにしたがって数が増えていきます。

ウンブリアを遠くに望む丘から、トラジメーノ湖に向かってゆるやかな斜面が続きます。ここにテヌータ イル ファッジェートがあります。ブルーナがメインとなって管理をしています。畑は18haあり、海抜400~540m。土壌は、上部が粘土質、下部がトゥーフォと呼ばれる柔らかい小石とトゥフと呼ばれる火山礫です。さらにデビルストーンと呼ばれる火山礫と硬い石が土壌に含まれ、ミネラルが豊富なのが特徴です。肥料は自然なもので、馬糞や刈り取った草などを使っています。収穫の選別は熟練した人が厳しく行い、プルニョーロ ジェンティーレは特に厳格にしています。

お取り扱いワイン

 

テヌータ ポッジョ イル カステッラーレ(モンタルチーノ)

「ポッジョ イル カステッラーレ(丘の上の城跡)」という名前は、この場所の歴史的なルーツを思い起こさせます。

モンタルチーノのエリアで造られるワインの素晴らしさは、エトルリア時代から広く知られていました。「ポッジョ イル カステッラーレ(丘の上の城跡)」という名前は、この場所の歴史的なルーツを思い起こさせます。畑は9ha。石が多く、南向きです。樹齢は5~10年ですが、家の裏側は40年です。真夏は40度を越す暑いところですが、標高が高いため昼夜に寒暖の差があり、さらに強い風が吹いて葡萄を冷やします。肥料には馬糞などを使用しています。

お取り扱いワイン

トッレ テルツァ(サンジャミーノ) Torre Terza

ブルーナ バロンチーニ自身が所有する畑

「トッレ テルツァ」とは、「三番目の塔」の意味です。1967年に、アメデオ ダオスタ公爵が、この土地の所有者になりました。彼は、自由な時間に狩猟をして過ごすことが好きでした。古い狩猟小屋は、葡萄畑、古い樫と杜松の木に囲まれて、過去の魅力を保っています。今日、この畑は、情熱を持って運営されており、個性と味わい豊かな少量のワインを生産しています。

お取り扱いワイン

カズッチョ タルレッティ(キャンティ)

亡き父の夢をかなえる最後の畑がこのキアンティ クラッシコでした。

ブルーナ バロンチーニが所有するモンタルチーノのカンティーナ
ブルーナの父の夢は、トスカーナのすべてのD.O.C.G.に畑を持つということでした。キアンティ クラッシコの畑がその最後で、ずっと探していましたが、やっと完璧な畑を見つけ、2009年に購入しました。それがこのカズッチョ タルレッティです。「父の夢をかなえてあげたかった」と、ブルーナ。「カズッチョ」は有名な建物の名前で、ラベルに描かれています。タルレッティは、前の所有者の名前です。

お取り扱いワイン

ファットリア クエルチャロッサ(モレッリーノ ディ スカンサーノ)

葡萄畑の真ん中に立つオークの木にちなんでクエルチャローザ(レッド オーク)と名付けられています。

まばゆい日光に照らされた丘に広がる葡萄畑のまん中には、大きな2本のオークの木が立っています。それに由来するファットリア クエルチャローザ(レッド オーク エステート)は、トスカーナのマリアーノとタラモネの海との間にあります。歴史の始まりの頃から人が住み着いていた土地で、実際に青銅器時代からリナドーネ期にわたる考古学上の発見がなされています。すぐ近くでは、その時代の射手の墓の遺跡が見つかっています。古代エトルリア人が石灰石を切り出して建てたネクロポリスがあった場所で、葡萄畑の近くではシナバー(赤色の顔料)で色付けされた数多くの絵が発見されています。古代ローマ人もまたこの土地に住み着いており、ローマ時代の畑や地主の館の遺跡が見つかっています。

お取り扱いワイン

バロンティーニ(モンテプルチアーノ) Baroncini

「良い葡萄のみを購入」 バロンチーニ ラベルでは、こだわりを持って購入した葡萄に、自社畑の葡萄を10~20%ブレンドして、バロンチーニの個性を表現しています。スタイルを安定させ価格をリーズナブルにすることで、消費者のニーズに応じるという考えの下にワイン造りをしています。買い葡萄といっても、契約ではなく良いと思った葡萄を買っており、良い葡萄は他の生産者よりも高く買います。実際には、毎年ほぼ同じ生産者から買っています。

 

引用データ:(株)稲葉