コウノトリ育むお米(コシヒカリ)で造られた泡盛新発売!

2018年3月14日 16:30


昨年11月、JAたじま(兵庫県豊岡市)のブランド米「コウノトリ育むお米」を使った米焼酎「幸鸛舞」が、このほど発売されました。沖縄の小売会社で、育むお米の2割を買い取っている「サンエー」が開発を提案。醸造はサンエーと取引がある沖縄の酒造会社「石川酒造場」が行い、泡盛と同じく、仕込みには黒こうじ菌を使う。石川酒造場の仲松政治社長は「一般的にタイ米を使う泡盛より、非常に甘みがある」とPR。サンエーの中西淳専務は「この商品をきっかけに、泡盛でも国産米の使用が広がれば」と期待を込めました。

通常、泡盛の原料米はタイ米を使用します。国産米の泡盛は珍しい

琉球泡盛の甕仕込で知られる蔵元、石川酒造場さんによると、

『コウノトリ育むお米』とは
自然豊かなコウノトリの餌であるドジョウなど、田やその周りに棲む生物が十分に生息できるように取り組み、さらに冬にも田に水を張るなど、生物に配慮した農法により生産されています。生態系、自然環境に配慮した農法で育成されたおいしいコシヒカリで、安心してお召し上がりいただけます。(JAたじまHPより抜粋)

この「コウノトリ育むお米」を使用して黒麹菌で米こうじを造り、石川酒造場の特徴であるもろみ甕でアルコール発酵をさせた国産米麹の泡盛です。

華やかな香りでお米の甘味が感じられるすっきりとしたキレの良い軽やかな飲み口です。すっきりとしたお米の甘さはソーダ割りにもぴったりです。

Sample Content

コメントを残す