「甲州」ラベルでEUへ初輸出 山梨のワイナリー

「甲州」ラベルでEUへ初輸出 山梨のワイナリー
産経新聞 2010.7.21 10:19

ラベルに「甲州」と表記した甲州ワインを出荷用の箱に詰める「中央葡萄酒」の社員=21日、山梨県甲州市

 山梨県甲州市のワイナリー「中央葡萄酒」が21日、ラベルに「甲州」と表記した甲州ワイン約650本をロンドンに向け出荷した。今年、原料である日本固有のブドウ品種「甲州」の国際登録が決まり、欧州連合(EU)に輸出するワインに品種名を明記できるようになった。名前に「甲州」と付くワインがEUに輸出されるのは初めて。

 出荷されたのはどちらも平成21年産の甲州ワイン。既に港に運ばれている分と合わせ約2千本が9月上旬にロンドンに着き、市内の日本料理店などに販売される予定だ。

 EUでは、国際機関に登録されているブドウでなければ、EUに輸出するワインのラベルに品種名表示できないと法律で定めている。同社は08年、ロンドンに甲州ワインを初輸出したが、「甲州」が使えず「Shizen」という名前にした。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

Posted In Categoriesお知らせ

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*